政治家だからって…。

ちょっとボロが出たら半笑いしながら完膚無きまでに徹底的に叩きまくる、そんな相変わらず感満載なメディアの姿勢の方がよっぽど危険だと思うのだが。

果たして‘政治家は聖人君子たるべき’なのか?

小渕優子の辞任そのものについて擁護するつもりはないが、この記事もツボを突いている。
1189.小渕優子を引きずり下ろそうとしているのは誰か。: 院長の独り言

集団的自衛権。

TVが余りに偏向を拗らせてるからラジオに逃げてるって節もあるのだが、bayfmまでこのザマだと泣けてくる。
「〜と毎日新聞は語っています」とか、どんな逃げ口上だよソレ。

集団的自衛権が閣議決定されたらすぐにでも自衛隊が戦争を始めるかのような言いっぷりの連中が結構居るっぽいんだけど、逆に御前等はそんなに戦争始めたいの? と小数時間問い詰めてやりたい。
でもって、そういうのギャーギャー騒いでる連中に限って米軍反対、沖縄基地反対、軍事費増強反対とかね。もう、ダブルスタンダードなんて通り越して幾つスタンダードあんのかとね。

自衛隊が国内外で十分‘活動’に専念出来る体制を整えた上で、行き過ぎた武力行使に走らないよう監視する事こそが、国民の使命なんじゃないのかね?
自衛隊が戦争始めるんじゃないか〜とか盲目的に騒ぎ立てたら、それこそ支那事変の時と同様に世論が戦争に向かって突っ走っちゃうんじゃないかという不安を抱いてしまうのだが。